除毛クリームで肌が荒れる?メリットとデメリットを徹底解説

塗るだけでムダ毛を除去できる人気アイテム、除毛クリーム。

カミソリを肌に当てずに除毛ができることから、愛用している人も多いのではないでしょうか。

しかし、除毛クリーム経験者の中には「アトピーのような赤いブツブツができた」という人もいるみたい。

今回は、除毛クリームでのムダ毛処理を検討している人に向けて、除毛クリームのメリットとデメリットを説明します。

除毛クリームとは?基礎知識をおさらい

除毛クリーム

まずは除毛クリームが毛を処理する仕組みをチェックしてみましょう。

除毛クリームの仕組みは?

脱毛クリームは、有効成分の力でムダ毛を取り除いています。

ヒトの毛はタンパク質を多く含む「ケラチン」という物質でできています。

除毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」をはじめとするタンパク質を分解する成分が含まれているため、塗るだけでムダ毛にアプローチができるのです。

物質の結合が強い太く黒々とした毛も、結合を解いてタンパク質を分解すればスルっと処理できるようになります。

チオグリコール酸カルシウムは安全?

「化学的に毛を溶かして除去する」と聞くと、本当に安全なのか不安になってしまいませんか?

しかし、チオグリコール酸カルシウム自体は医薬部外品のひとつとして厚生労働省の認可を受けている成分。

除毛クリームだけでなく、パーマをかける時に用いる「パーマ液」にもたんぱく質を分解する性質を使うために含まれています。

もちろん正しく使わないと副作用を発症したり、肌に危険を及ぼしたりする可能性もありますが、成分自体はプロでなくても安心して使えるものですよ。

除毛と脱毛の違い?

ここまでお読みいただいた方の中には「脱毛クリーム」ではなく「除毛クリーム」なの? と思われた方もいるかもしれません。

厳密にいうと、それぞれの言葉には微妙なニュアンスの異なりがあります。

  • 除毛…毛を取り除くこと
  • 脱毛…毛が抜けること、取り去ること

除毛クリームは毛を抜くものではなく毛を溶かして除去するものなので、脱毛と呼ぶことはできず「除毛クリーム」としているのです。

「除毛クリームで毛が濃くなる」噂は本当?

除毛クリームを使い続けると次に生えてくる毛が濃くなる、という噂がインターネット上で流れています。

しかし、除毛クリームはあくまで今生えている毛に化学反応させて除毛するもの。

毛根や肌に大きく影響を及ぼしているわけではないため、次の毛の性質を変化させることはありません。

肌がきれいになったことで錯覚する?

除毛クリームは剃り残しが少なく、商品にもよりますがチクチクする毛が残りにくいことがメリット。

毛がなくなり肌がきれいな状態を見慣れると、次に生えた毛が濃くなっていたり、太くなっていたりするように思えるのかもしれません。

毛の性質にヒミツが

普段あまり意識しないポイントかもしれませんが、毛は毛先から根本まで太さが均一なものではありません。

毛先に向かうにつれ細く、根元に向かうほど太くなります。

除毛クリームを使った場合、根元近くで溶けた毛が再び伸びてくることになるため、最初から毛の太い部位が毛根から出てきます。

後から生えてきた毛が太くなったのではなく、取り除ききれなかった毛の太い部分が顔を出しているだけなのです。

除毛クリームのメリット3つ

除毛クリーム

ここからは、除毛クリームのメリットとデメリットをそれぞれに確認していきましょう。

まずはメリットのお話からです。

  • 即効性が高い
  • 比較的安価で選びやすい
  • 剃り残しなくツルツルに仕上がる

除毛クリームを使ったムダ毛処理のメリットは上の通り。

即効性が高い

除毛クリームでの自己処理は塗って放置し、洗い流すだけ。

お風呂ですぐにできる上、「明日は出かける予定があるから処理しておかないと」と急に思い出してもサッと対応できます。

比較的安価で選びやすい

除毛クリームはそこまで高価なものではなく、安いものなら1,000円以下から購入できます。

それ以外であっても、多くの商品が2,000円~4000円、5,000円に収まることでしょう。

容量がなくなるまで複数回使えますし、豊富なバリエーションの中から選ぶこともできます。

  • 保湿成分配合
  • 天然成分配合
  • 香り付きのもの
  • 肌が弱い人向けの敏感肌仕様

など、除毛にプラスワンしたい効果があればそれを踏まえて商品選びができます。

剃り残しなくツルツルに仕上がる

カミソリやシェーバーでの自己処理と異なり、むらなく塗布できれば剃り残しがなくツルツルなお肌になれるところも除毛クリームのメリットです。

生えてきた毛もチクチクしづらいので、次回の自己処理まで快適に過ごせますね!

除毛クリームのデメリット3つ

除毛クリーム

続いては除毛クリームのデメリットと感じられる点を解説します。

  • 肌荒れや肌トラブルの可能性がある
  • 使用できない部位がある
  • 自己処理の頻度は変わらない

デメリットは上の3つ。各項目について内容を詳しく確認していきましょう。

肌荒れや肌トラブルの可能性がある

肌の弱い人や敏感肌の人の場合、気を付けて使わないと肌荒れを引き起こしてしまうかもしれません。

毛の主成分と肌の主成分はともにたんぱく質ですから、たんぱく質を分解できる成分は皮膚の表面にも影響を及ぼしかねないのです。

肌が弱い、敏感な人は別の方法で除毛するか、敏感肌対応の除毛クリームを探しましょう。

パッチテストが必要

肌の弱い人に限らず、初めて購入した除毛クリームを使う場合は必ずパッチテストを行いましょう。

肌質は人によって違うものなので、人気があるものや売れ筋のものでも自分には合わなかった……という可能性があります。

  • 10円玉大くらいのクリームを除毛する部位につける
  • 所定の塗布時間放置する
  • 時間が経ったら洗い流す
  • 肌の異常がないか確認する

目安は48時間です。48時間経過しても肌に赤みやかゆみがなければ、除毛クリームで自己処理をしても大丈夫。

何かしらの異常が発生したら、続けて使用するのは避けましょう。

使用できない部位がある

チオグリコール酸カルシウムなどの配合成分が肌に刺激を与えやすいため、顔やVIOラインのような肌の薄い部分では除毛クリームを使うことができません。

商品にもよりますが、特に顔やIライン、Oラインは難しいでしょう。

使用可能な部位かそうでないかは説明書を必ず確認し、不可と記載のある部位に使用するのは避けましょう。

自己処理の頻度は変わらない

脱毛サロンやクリニックでの施術と異なり、除毛クリームは脱毛した後の毛に対してアプローチすることができません。

繰り返し使っても毛が薄くなったり、自己処理の回数が減ったりということはないので、ツルツルを維持したい場合も所定の頻度を守って使いましょう。

除毛クリームにはメリットもデメリットもある!

カミソリを当てないから安心、と思われがちな除毛クリームですが、カミソリとはまた別の形で肌に影響を及ぼす恐れはあります。

自分の肌質にあった方法を選び、「除毛クリームが良い!」と思った場合は各商品の使用注意を必ず守って安全に使えるよう心がけましょう。

  • シェア

注目の家庭用脱毛器ランキングBEST3

  • 1位

    OPUS BEAUTY 03

    アイスクール機能搭載で痛くない!

    OPUS BEAUTY 03

    OPUS BEAUTY 03は業務用メーカーが開発した本格家庭用脱毛器。業務用脱毛機器並みのパワーで肌を冷やながら照射できる「アイスクール機能」を搭載しているため、痛み無く脱毛処理が可能です。価格も比較的手ごろなので、高いコストパフォーマンスを求める方におすすめのマシンです。

    公式サイトはこちら 詳細はこちら
  • 2位

    ケノン

    知名度抜群の有名脱毛器!

    ケノン

    家庭用脱毛器と言えば「ケノン」と答える人も多い有名マシン。10段階の照射レベル調整が可能で、使用する人の毛の濃さや肌の敏感さに合わせた脱毛施術が可能です。可能照射回数が300万回と非常に多い点も魅力の1つです。

    公式サイトはこちら 詳細はこちら
  • 3位

    ブラウンシルクエキスパート

    1秒間に80回肌の色を読み込み自動調整!

    ブラウンシルクエキスパート

    ブラウン シルクエキスパートは世界唯一のフラッシュ自動調節システム搭載した家庭用脱毛器です。肌の色を自動で認識することによって、光の量を調節。安心安全な脱毛が可能です。

    公式サイトはこちら 詳細はこちら
家庭用脱毛器ランキング

PICK UP

よく見られる記事