『アイスレディ』は脱毛に効果あり?口コミや使い方をご紹介

『アイスレディ』の特徴

この記事では、Notime(ノータイム)社が開発した家庭用脱毛器『アイスレディ』について詳しくご紹介します。

冷却ジェル不要な最先端脱毛器

通常の家庭用脱毛器であれば、使用時に高温が発生するため、使用後は保冷剤などで冷却する必要がありました。しかし、アイスレディには本体に照射面を冷やす機能がついており、冷却は不要です。肌への刺激を最小限に抑えることができるため、肌トラブルを回避しながら使用することが可能になります。

0.9秒に1回照射が可能

0.9秒で1回照射することが可能。照射効率が高く、わずか10分で脱毛を完了することができます。

3つの部位別アタッチメント付き

アイスレディには、照射面に取り付ける3色のアタッチメントがついてきます。オレンジ色は指や口元用、赤色はスキンケア用、緑色はワキ、ビキニライン用のアタッチメントとなっています。照射部位に合わせて、アタッチメントを付け替えることで、照射光を調整して、痛みなく安全に脱毛をすることが可能になります。

カートリッジ交換可能?

アイスレディはカートリッジ交換はできません。そのため、既定の照射回数(30万回)を使い切ったら、本体を買い替える必要があります。ただし、一般的に全身脱毛1回に必要な照射回数は600ショットと言われています。12回の照射で全身脱毛が完了すると仮定すると、1人の全身脱毛に必要なショット数は600×12=7200回。このことを考えれば、カートリッジ交換ができなくても十分な照射回数が確保されていると言えます。

家族や恋人とシェアしながらでも十分に使用できる照射回数を備えている家庭用脱毛器です。

男性のヒゲ脱毛にも使える?

アイスレディは男性のヒゲ脱毛に使用することが可能です。ただし、男性のヒゲは、女性と比較して毛が濃くて太いことが多いため、痛みを感じやすい可能性があります。使用する場合は、カミソリやシェーバーなどで毛を剃った状態で使用するようにしてください。

VIO脱毛可能?

『アイスレディ』は基本的にほぼ全身に使うことが可能です。VIOにも使用可能。陰部、局部への直接照射は不可ですが、VIO 用のアタッチメントも付属しており、繊細な部位にも問題なく使用することが可能です。

『アイスレディ』と『ケノン』を比較

アイスレディとケノンを徹底比較していきます。

価格

アイスレディは3万円、ケノンは6万9千円なのでアイスレディの圧勝。ケノンは広告などでの露出が多く、その分購入価格が高くなっているといわれています。アイスレディは海外メーカーの製品なので、ある程度生産に関わる費用を抑えることに成功しているため、低価格を実現できています。

機能

機能面に関しては、アイスレディもケノンも基本的な脱毛器としての機能は十分に発揮するため、大きな効果の差はないでしょう。出力調整機能がケノンは10段階調整が可能な点でケノンの勝利。一方で、アイスレディには冷却機能がついているため、肌ケアに関してはアイスレディの方がケノンより優秀でしょう。

ショット数に関しては、アイスレディ30万発に対して、ケノンは300万発とケノンの圧勝。しかしこれに関しては、300万発も実際には必要ないという声が多く、一概にケノンの方が良いとは言えないでしょう。

『アイスレディ』の使い方

  1. 事前にカミソリなどで毛を剃っておく
    ※カミソリは本体に付属しています
  2. アダプターをコンセントにつなげる
  3. 電源ボタンをつける
  4. 単発照射モードか連射モードか選ぶ
  5. 出力レベルを選ぶ
    ※照射レベルは1~5の間で選択可能
  6. 使用前にサングラスをつける
    ※サングラスは本体に付属しています

『アイスレディ』の口コミ情報

アイスレディを当サイトライターが実際に使用してみた感想

熱さは感じますが、痛みはほとんど感じません。連続照射モードを使えば広範囲に対しても短時間で照射できるため、かなり便利。

また、クールダウンモードと言って照射後に肌をケアするための専用モードがあり、これの使い勝手がなかなかいいです。使用後に熱を持った肌を休ませるのに最適です。

使用後はすぐに脱毛効果があるわけではありませんが、光美容器なので、毛穴のしまりが良くなり、肌が若干すべすべになったかもしれないという感覚がありました。

アイスクール機能のある他の脱毛器と比較

脱毛ラボホームエディション オーパスビューティー03
価格 30,000円(税別) 38,000円(税別)
最大ショット数 30万回 35万回
顔使用 〇(目の周りを除く)  〇(目の周り除く)
出力調整 5段階 5段階

『アイスレディ』と同じく、アイスクール機能を売りとしている家庭用脱毛器『オーパスビューティー03』と比較してみました。

両機種を比較すると、性能面での違いはほとんどないことがわかるかと思います。照射回数がオーパスビューティー03の方が5万回多いですが、アイスレディは、その分価格が8,000円安くなっています。

オーパスビューティー03は、老舗の美容機器メーカーで、エステサロン向けの業務用脱毛機の開発実績も豊富なので、その点では安心・信頼感に厚い商品と言えるのではないでしょうか?

オーパスビューティ03の公式サイトはこちら!
OPUS BEAUTY 03 | Beauty Bank

『アイスレディ』の価格・基本データ

  • 価格:30,000(税抜き)円
  • ショット数:約300,000回
  • 脱毛以外の機能:×
  • 顔使用:〇
  • VIO使用:〇
  • 出力調節:5段階
『アイスレディ』同様に冷却機能がついた家庭用脱毛器のレポート記事
OPUS BEAUTY 03を実際に使って見た
  • シェア

注目の家庭用脱毛器ランキングBEST3

  • 1位

    OPUS BEAUTY 03

    アイスクール機能搭載で痛くない!

    OPUS BEAUTY 03

    OPUS BEAUTY 03は業務用メーカーが開発した本格家庭用脱毛器。業務用脱毛機器並みのパワーで肌を冷やながら照射できる「アイスクール機能」を搭載しているため、痛み無く脱毛処理が可能です。価格も比較的手ごろなので、高いコストパフォーマンスを求める方におすすめのマシンです。

    公式サイトはこちら 詳細はこちら
  • 2位

    ケノン

    知名度抜群の有名脱毛器!

    ケノン

    家庭用脱毛器と言えば「ケノン」と答える人も多い有名マシン。10段階の照射レベル調整が可能で、使用する人の毛の濃さや肌の敏感さに合わせた脱毛施術が可能です。可能照射回数が300万回と非常に多い点も魅力の1つです。

    公式サイトはこちら 詳細はこちら
  • 3位

    ブラウンシルクエキスパート

    1秒間に80回肌の色を読み込み自動調整!

    ブラウンシルクエキスパート

    ブラウン シルクエキスパートは世界唯一のフラッシュ自動調節システム搭載した家庭用脱毛器です。肌の色を自動で認識することによって、光の量を調節。安心安全な脱毛が可能です。

    公式サイトはこちら 詳細はこちら
家庭用脱毛器ランキング

PICK UP

よく見られる記事