ヒゲ脱毛を自宅で!男性におすすめの家庭用脱毛器5選

男でも脱毛は当たり前!

最近は男性でも気軽に脱毛をする時代。男性向けの脱毛サロンやクリニックも増え、SNSなどを見ていても脱毛に取り組む男性が多くいることがわかります。

そんな中でもヒゲ脱毛をしたいという男性は多く、

  • ヒゲを毎日剃る時間がもったいない
  • ヒゲを剃っても青髭が残ってしまう

と、頭を悩ませる方が非常に多くらっしゃいます。

しかし、簡単にヒゲ脱毛をするといっても、サロンやクリニックに通えば、安くても数十万円はかかるのが当たり前!

そんな中、「ヒゲ脱毛をしたい!」けど「お金はかけたくない!」というあなたの要望を叶えるのが「家庭用脱毛器」です!

ということで今回は、多数の家庭用脱毛器を比較してきたライターK(男性、ヒゲ脱毛経験者)が、ヒゲ脱毛の基礎知識メンズのヒゲ脱毛におすすめの家庭用脱毛器をご紹介します。

ヒゲ脱毛の種類について解説

ヒゲ脱毛の種類

まずは、ヒゲ脱毛に関する正しい知識をつけることが大切です。ここでは、家庭でできる方法に加えてサロンやクリニックでできる方法も含めて、脱毛方法や効果、費用の相場について比較していきましょう。

ヒゲ脱毛は基本的に3種類に分類される!

ヒゲ脱毛が一般的に3種類の方法があります。

  • 脱毛サロンで行われる光(フラッシュ)脱毛
  • クリニックで行われるレーザー脱毛
  • 永久脱毛のニードル脱毛(美容電気脱毛)

以下詳しく見ていきましょう。

光(フラッシュ)脱毛

脱毛サロンで一般的に行われていて、エステ脱毛と呼ばれているのが光(フラッシュ)脱毛です。

毛の黒色色素である「メラニン」に反応して発熱する特殊な光を肌に照射して、毛の発育を促す毛乳頭にダメージを与えることによって脱毛するという仕組み。多くの家庭用脱毛器でも採用されている、最もメジャーな脱毛方式です。

特徴は以下の通り。

  • 痛みが少ない
  • 他の方法と比較して費用が安い
  • 肌に優しい
  • 効果がでるまで時間がかかる

脱毛サロンを利用する際の価格の相場としては、1回の施術が1~2万円、効果を確実に実感できるまでには10~15万円ほどかかります。光(フラッシュ)脱毛は、痛みが少ない代わりに、一時的な抑毛効果しかなく、数年経つと元に戻ってしまうというデメリットがあります。

レーザー脱毛

クリニックなどの医療機関でおこなわれている、いわゆる医療脱毛と呼ばれているのがレーザー脱毛です。この方式を採用している家庭用脱毛器もあります。

光(フラッシュ)脱毛と脱毛の仕組みは基本的に変わりませんが、光脱毛よりも高出力のレーザーを毛穴に対してピンポイントで照射していきます

特徴は以下の通り。

  • 光(フラッシュ)脱毛より痛みが強い
  • 光(フラッシュ)脱毛より費用が高い
  • 光(フラッシュ)脱毛より短期間で効果が実感できる

レーザー脱毛の照射は医療行為に当たるため、脱毛サロンでは受けることができず、医療機関でしか施術を受けることができません。家庭用で販売されているレーザー脱毛器に関しては、家庭でも安全に使用できるようにクリニックにあるものより、かなり出力が下げられたものが使用されています。

価格の相場としては、1回の施術で2~3万円、効果が実感できるまでには15~20万円程度がかかると考えておきましょう。

ニードル脱毛(美容電気脱毛)

3種類の脱毛方法の中では、あまり知られていないのが、ニードル脱毛(美容電気脱毛)です。というのも、他の脱毛方法とは異なり、ニードル脱毛(美容電気脱毛)は家庭で行える施術方法ではなく、施術できるサロンやクリニックも限られているからです。

光(フラッシュ)脱毛とレーザー脱毛は、黒色(メラニン)色素に反応する光を照射することで脱毛をする仕組みでした。それに対してニードル脱毛は、毛1本1本をその場で抜いていき、毛穴に針を入れて電流を流すことで毛乳頭を破壊して、脱毛をする仕組みです。

特徴は以下の通り。

  • 3種類の方法の中で最も強い痛みが伴う
  • 白髪の脱毛が可能
  • 最も費用が高い
  • 毛根を1つ1つ破壊するため永久的な脱毛が可能

最も効果の出る方法ではありますが、強い痛みと高額な費用が伴う施術方法です。

値段の相場としては、1回の施術で5万円~10万円程度、明確に効果を実感できるまでには30万円~40万円程度かかります。

家庭用脱毛器を使うメリットとは

庭用脱毛器を使うメリット

ここまで脱毛の種類について解説してきましたが、どれも確実に効果を実感するには、安くても10万円以上がかかってしまいます。また、サロンやクリニックに通うためには、お金だけでなく時間も必要になります。

そこでおすすめしたいのが家庭用脱毛器です。以下では、家庭用脱毛器を使う主なメリットについて詳しく解説していきます

家庭用脱毛器を使うメリット2選

家庭用脱毛器を使うメリットがこちら。

  • 低コストで脱毛できる
  • 自分のペースで脱毛できる

以下詳しく見ていきましょう。

低コストで脱毛できる

脱毛サロンに通わずに家庭用脱毛器で脱毛する最大のメリットは、コストがかからないことでしょう。脱毛器の機種や性能にもよりますが、家庭用脱毛器の相場は3~10万円程度です。

費用が安い分、脱毛サロンと比べて効果が実感できるまで時間はかかりますが、正しい用法で継続的に家庭用脱毛器を利用していけば、家庭用脱毛器でも十分に効果を実感できます。

自分のペースで脱毛できる

脱毛サロンに通うと、予約がなかなか取れずに思うようなスケジュールで脱毛できないという問題もしばしば発生します。思うようなスケジュールで予約が取れず、気づいたらサロンに通うのを辞めていたというパターンもあります。その点、家庭用脱毛器であれば自分の好きなペースで脱毛できるため、忙しい人におすすめです。

ヒゲ脱毛器の選び方

ヒゲ脱毛器の選び方

家庭用脱毛器でヒゲ脱毛をするメリットを理解したら、実際に自分に合った脱毛器を探していきましょう。

以下では脱毛器の選び方について詳しく解説していきます。

ヒゲ脱毛器を選ぶ際のチェックポイント4つ

家庭用脱毛器ヒゲ脱毛器を選ぶ際にチェックするポイントは大きく分けて4つ。

  • 出力レベル
  • 照射範囲
  • 使用可能部位
  • ショット数

以下、詳しく見ていきましょう。

出力レベル

まずチェックするべきなのが、出力レベルです。当然家庭用のものなので、サロンにあるような機器よりも出力レベルは劣りますが、機種によっては高レベルで出力可能な脱毛器も存在します。

出力レベルが高い脱毛器は、脱毛効果が高い代わりに、痛みが強く価格が高いです。反対に、出力レベルが低い脱毛器は、脱毛効果が低い代わりに、痛みが弱く価格が安い傾向にあります。

家庭用脱毛器初心者の方であれば、脱毛がどの程度の痛みを伴うものなのか想像がつきにくいと思うので、出力レベルの強弱調整が効くものをおすすめします。

照射範囲

照射範囲とは、光(フラッシュ)脱毛器の光が照射可能な範囲のことです。この範囲が広いほど、1回で処理できる毛の本数が増えるため手間がかかりません。そのため、基本的には照射範囲が広いものを購入するのがおすすめです。

ちなみに、レーザー脱毛器の場合は、もともとピンポイントでレーザーを毛穴に当てて脱毛する方式のため、照射範囲については気にする必要はありません。

使用可能部位

家庭用脱毛器の機種によって使用可能部位も異なってきます。ヒゲ脱毛が可能な機種かどうかということも重要ですが、ヒゲ以外にも他の部位も脱毛できるものであれば、サロンに行くのと比べてかなり安価に脱毛をすることが可能になります。

使用可能部位をしっかりリサーチしたうえで家庭用脱毛器を選ぶようにしましょう。

ショット数

ショット数とは1つの家庭用脱毛で照射できる回数のことです。商品によって多いものから少ないものまでさまざまで、既定のショット数を使い切ったら、本体そのもを交換するか、カートリッジを交換しなければいけません

家庭用脱毛器を選ぶときは、価格だけでなくショット可能数もチェックして、それぞれの家庭用脱毛器のコストパフォーマンスの高さを比較するようにしましょう。

自分に合ったヒゲ脱毛器を見つけよう!

それではここからは、ランキング形式で男性におすすめの家庭用脱毛器を5つご紹介していきます。家庭用脱毛器は女性用のものと思われがちですが、男性にも対応しているものが多いです。

【メンズ向け】おすすめ家庭用脱毛器5選

おすすめ家庭用ヒゲ脱毛器はこちら。

  • セドナエンタープライズ「脱毛ラボ ホームエディション」
  • トリア「トリア パーソナルレーザー脱毛器4X」
  • エムロック「ケノン」
  • NBS「CLEAR/SP-BiiTo」
  • パナソニック「ES-WH96(光エステ)」

具体的に各商品の特徴について解説していきます。

セドナエンタープライズ「脱毛ラボ ホームエディション」

セドナエンタープライズ「脱毛ラボ ホームエディション」
引用:https://www.amazon.co.jp/

脱毛サロンを展開するセドナエンタープライズより発売された家庭用脱毛器が「脱毛ラボ ホームエディション」です。業務用の脱毛器を開発しているメーカーだけあり、高出力での照射が可能な点は魅力の1つ。

また、特徴の1つとして、肌荒れや肌の赤みを抑える冷却機能がついています。

「脱毛ラボ ホームエディション」の基本データはこちら

  • 価格:64,980円
  • ショット数:最大300,000ショット
  • 脱毛以外の機能:なし
  • 出力調整:5段階
  • カートリッジ交換:非対応

トリア「パーソナルレーザー脱毛器4X」

トリア「パーソナルレーザー脱毛器4X」 引用:https://www.triabeauty.co.jp/

国内で唯一の家庭用のレーザー脱毛器がトリアの「パーソナルレーザー脱毛器4X」です。

レーザー脱毛器なので照射面は約1cmと小さく、処理に時間がかかるのがデメリットですが、、レーザー式のため、高い脱毛効果を期待できます。

「パーソナルレーザー脱毛器4X」の基本情報はこちら。

  • 価格:50,740円
  • ショット数:最大500,000ショット
  • 脱毛以外の機能:×
  • 出力調整:5段階
  • カートリッジ交換:非対応
公式サイトはこちら!
トリア(tria)公式サイト

エムロック「ケノン」

エムロック「ケノン」 引用:https://xn--rckyc9e.jp/

家庭用脱毛器の中では高い知名度を誇るのが、エムロックから出ている「ケノン」です。

他の商品と比較して費用はかさみますが、最大300万ショット可能な点と出力調整が10段階で可能な点が魅力です。

  • 価格:69,800円
  • ショット数:最大3,000,000ショット
  • 脱毛以外の機能:〇(フェイシャル)
  • 出力調整:10段階
  • カートリッジ交換:対応
公式サイトはこちら!
家庭用脱毛器ケノン公式ショップ

NBS「OPUS BEAUTY 03」


引用:https://beauty-bank.co.jp/

次にお勧めするのが、業務用脱毛器メーカーの老舗であるNBSが発売している家庭用脱毛器「OPUS BEAUTY 03」(オーパスビューティー03)です。

「OPUS BEAUTY 03」の最大の魅力はアイスクール機能を搭載している点です。脱毛には痛みが伴うというイメージを持っている方が多いでしょうが、OPUS BEAUTY 03であれば、照射面を冷やしながら光を照射することが可能。冷やしながらの照射であれば、まったく痛み無く脱毛が可能です。

「OPUS BEAUTY 03」の基本データがこちら。

  • 価格:39,800円
  • ショット数:最大350,000ショット
  • 脱毛以外の機能:無し
  • 出力調整:5段階
公式サイトはこちら!
家庭用脱毛器 OPUS BEAUTY 03| Beauty Bank

パナソニック「ES-WH96(光エステ)」

引用:https://panasonic.jp/

パナソニックの「ES-WH96」、通称「光エステ」は、他商品と比較して低価格で若い人に人気のある商品です。照射面積も比較的広く使いやすさと価格の面でおすすめの商品です。

光エステの基本データはこちら。

  • 価格:29,800円
  • ショット数:最大150,000ショット
  • 脱毛以外の機能:○(スキンケア)
  • 出力調整:5段階
公式サイトはこちら!
パナソニック商品情報 | Panasonic

家庭用脱毛器の正しい使い方を解説

家庭用脱毛器の正しい使い方を解説

家庭用脱毛器で大切なのは、正しい使い方で使用することです。

間違った使い方や頻度で利用していると、十分に脱毛効果を体感できなくなってしまったり、思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまいます。

正しい使い方で安心安全に脱毛しよう!

家庭用脱毛器でヒゲ脱毛をする際は以下の点に注意しながら行いましょう。

事前にヒゲを剃っておこう

光(フラッシュ)脱毛は、毛穴に光を照射して、毛乳頭にダメージを与えるという脱毛方法なので、毛が伸びた状態だと、十分にも毛乳頭に光を当てることができません

照射面をキレイにしておこう

照射面が汚れていていると、レーザーが毛穴まで十分に届きません。脱毛効果を最大限発揮させるためにも、脱毛器の手入れも怠らないようにしましょう。

出力レベルは弱から徐々に上げていく

家庭用脱毛器を初めて使用する人は、脱毛にどの程度の痛みが伴うのか、肌にどの程度の負担がかかるのかがわからないはず。最初から、高い出力レベルにしてしまうと肌に大きな負担がかかってしまうため、まずは低い出力レベルから徐々に上げていき、痛みや肌への負担に慣れながら使用するようにしましょう。

使用後は肌の冷却と保湿をしよう

脱毛器は毛穴に熱を与えながら毛根にダメージを与える仕組みのため、肌が軽いやけど状態に陥ったり乾燥した状態になってしまいます。肌トラブルを防ぐためにも、家庭用脱毛器の使用後は肌を保冷剤で冷却し、化粧水や乳液などを使い保湿するように心掛けましょう。

まとめ

脱毛はしたいけど、費用はかけたくないという男性におすすめの家庭用脱毛器。サロンやクリニックと比較すると、効果が出るまで時間はかかりますが、継続的に使用していけば必ず成果がでます

この記事を参考に家庭用脱毛器でヒゲ脱毛に挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • シェア

注目の家庭用脱毛器ランキングBEST3

  • 1位

    OPUS BEAUTY 03

    アイスクール機能搭載で痛くない!

    OPUS BEAUTY 03

    OPUS BEAUTY 03は業務用メーカーが開発した本格家庭用脱毛器。業務用脱毛機器並みのパワーで肌を冷やながら照射できる「アイスクール機能」を搭載しているため、痛み無く脱毛処理が可能です。価格も比較的手ごろなので、高いコストパフォーマンスを求める方におすすめのマシンです。

    公式サイトはこちら 詳細はこちら
  • 2位

    ケノン

    知名度抜群の有名脱毛器!

    ケノン

    家庭用脱毛器と言えば「ケノン」と答える人も多い有名マシン。10段階の照射レベル調整が可能で、使用する人の毛の濃さや肌の敏感さに合わせた脱毛施術が可能です。可能照射回数が300万回と非常に多い点も魅力の1つです。

    公式サイトはこちら 詳細はこちら
  • 3位

    ブラウンシルクエキスパート

    1秒間に80回肌の色を読み込み自動調整!

    ブラウンシルクエキスパート

    ブラウン シルクエキスパートは世界唯一のフラッシュ自動調節システム搭載した家庭用脱毛器です。肌の色を自動で認識することによって、光の量を調節。安心安全な脱毛が可能です。

    公式サイトはこちら 詳細はこちら
家庭用脱毛器ランキング

PICK UP

よく見られる記事