家庭用脱毛器と脱毛サロン併用のメリットは?ベストな使い方を解説!

脱毛も二刀流の時代?家庭用脱毛器と脱毛サロンの併用

脱毛サロンに通いながら家庭用脱毛器を自宅で使用している脱毛女子は意外と多いです。
今、脱毛サロンに通っている方で「ケノン買おうかな~」「クリアエスピービートも良いなあ~」と思っている方がいらっしゃったら、まずは併用のメリット・デメリット、どんなパターンなら併用がおすすめできるのかを以下で確認してください。
イメージ
もしもあなたが脱毛サロン、もしくは脱毛クリニックで全身脱毛フルコースを契約しているなら、安易に家庭用脱毛器を買わない方が良いのです。

今回は二刀流を考えている女子に向けて「家庭用脱毛器」と「脱毛サロン」の併用の方法や注意点などを解説します。

家庭用脱毛器と脱毛サロン・クリニックのそれぞれのメリットは?

併用のやり方について説明する前に、まずは家庭用脱毛器と脱毛サロン・クリニックのそれぞれのメリットとデメリットをおさらいしましょう。

家庭用脱毛器を使用するメリット・デメリット

家庭用脱毛器を使用するメリット
  • 予約などを必要とせず、自分のタイミングで脱毛できる
  • デリケートゾーン(VIO)を他人に見られる恥ずかしさがない
  • 全身脱毛の場合、脱毛サロン・クリニックに比べてコストが抑えられる
  • 他人と共有するものがないので衛生面が安心
家庭用脱毛器を使用するデメリット
  • 冷却・照射・アフターケアなどすべて自分でやらなくてはいけない
  • 背中やうなじ、Oラインなど自分では難しい部分がある
  • 脱毛サロンやクリニックに比べてエネルギーが弱いため効果を感じるまで時間がかかる(※部位や人、脱毛器の質にもよります)

脱毛サロン・クリニックのメリット

脱毛サロン・医療脱毛へ通うメリット
  • Oラインや背中、うなじなど自分では照射が難しい部分もやってもらえる
  • 打ち漏れなどのリスクが少ない
  • 家庭用脱毛器に比べてエネルギーが強いため早い段階で効果を感じられる場合が多い
脱毛サロン・医療脱毛へ通うデメリット
  • 全身脱毛の場合は家庭用脱毛器に比べてコストがかかる
  • なかなか予約が取れないサロンも多いため、脱毛が進まない場合もある

家庭用脱毛器と脱毛サロンおすすめ併用パターンは2つ

前述した通り、家庭用脱毛器と脱毛サロンの併用はおすすめできるパターンと絶対にやめた方が良いパターンがあります。

脱毛サロンでやっていない部位を家庭用脱毛器で脱毛

脱毛サロンで部位脱毛プランを契約して残りを家庭用脱毛器でカバー

「ミュゼ・プラチナム」に代表されるような激安キャンペーンを展開しているサロンは珍しくありません。
特に両ワキはワンコイン以下で完結してしまったと言う方も珍しくないでしょう。
他にも、自分では難しい背中・うなじのみ脱毛サロンでやっている方も多いです。
比較的自分で簡単にできる足や腕、胸は家庭用脱毛器で行い、難しい部分は脱毛サロンで契約すると全身脱毛のコストを抑えられます。

♡CHECK♡

契約している内容や部分脱毛の組み合わせ、パーツ数によっては併用でも高くついてしまう場合があります。
余計な費用をかけないために細かく計算しましょう。
最終的には脱毛サロンで全身脱毛フルコースを契約した方が良かった~!となるケースもあります。
実はこれ“部分脱毛あるある”です。
また、結局セルフでの脱毛が続かず、脱毛サロンでプランを追加したと言う声も珍しくありません。
脱毛器の質や自分で続けられるかを十分加味して脱毛計画を立ててください。

全身脱毛プランの対象外部位を家庭用脱毛器で脱毛

脱毛サロンで全身脱毛を考えたことがある方も多いと思います。
全身脱毛の範囲は脱毛サロンによって違います。よく対象外にされているのが顔・VIOです。顔が含まれていても頬から下のみ対応と範囲はそれぞれ。
脱毛サロンのホームページでは〇カ所という表記をしますが、〇カ所=脱毛範囲ではありません。
たとえば背中を1カ所とするサロンと背中上・背中下と数えて2か所とするサロンがありますので、サロンのアピールする〇カ所はあまりアテにならないと考えましょう。
イメージ
この対象外部位を家庭用脱毛器で脱毛する方も珍しくありません。ただ、全身脱毛の範囲から外されることが多いVIOと顔は家庭用脱毛器でも禁止部位としていることがほとんど。脱毛器の可能範囲も購入前にご確認くださいね。

他には、全身から決められた箇所を自分で選ぶプランを用意している脱毛サロンも多いです。たとえば大手TBCが運営する脱毛サロンの『エピレ』や『ミュゼ・プラチナム』では全身脱毛の範囲を自分で選べるプランを用意しています。

自分じゃ難しいと感じる部位や、範囲の広い部位、毛が濃い部位などを選んで、残りは家庭用脱毛器でセルフ脱毛するという方法も賢いかもしれません。
この場合も脱毛器の質や自分で続けられるかを十分加味して脱毛計画を立てましょう。

脱毛サロンで脱毛できなかった数本を家庭用脱毛器で脱毛

併用とは少し違いますが、すでに脱毛サロンでの脱毛が完了している方向けです。
一部数本だけ生えてきてしまった場合など家庭用脱毛器を活用しても良いでしょう。
ただし、家庭用脱毛器も安いアイテムではありません。該当の部位を脱毛サロンの部分脱毛メニューやプラスのプランで補った方が安く済むケースも多いです。(脱毛コースが終わった後、アフタープランとして安く組める脱毛サロンもあります)

家庭用脱毛器である程度脱毛して脱毛サロンへ通う

こちらも併用とは少し違いますが、意外とおすすめです。
家庭用脱毛器である程度脱毛して毛量を少なくし、脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛すると回数を少なく済ませられる可能性も高いですよ。

ベストな併用方法

脱毛サロンでの脱毛は、毛周期(※)に合わせて行います。
併用の場合は脱毛サロンへ行った日に家庭用脱毛器を使うのがおすすめですが、家庭用脱毛器は使いはじめ1週間~2週間に1度の頻度で使用することが推奨されます。
最初の1~2カ月はお使いの家庭用脱毛器の推奨頻度に合わせて使用し、ある程度毛量が減ってきたら脱毛サロンの施術日に合わせましょう。

※毛周期とは???

毛が生え変わる周期のことを言います。
毛周期には「成長期」「退行期」「休止期」があります。脱毛は「成長期」に行うのが最も効果があると言われています。毛周期は人それぞれ違うと言われており部位によっても変わります。

おすすめしない併用パターン

脱毛サロンでやっている部分に使用することです。
前述した通り、毛周期が関係していますので手間だけかかって無意味ということもありますし、肌負担も増えます。

併用は気を付けなくてはいけないことも多いですが、賢く計画を立てれば効率良く、コストを抑えて全身脱毛ができます。併用をお考えの脱毛女子はご自分の脱毛計画に沿って参考にしてくださいね。

  • シェア
美容マニアが気になる人気の家庭用脱毛器

PICK UP

よく見られる記事